2016年9月24日 (土)

キャンプツーリング(函岳)

 前々から一度は行きたいと思っていた、念願の“函岳”に行ってきました。

 山頂までクルマやバイクで行ける=歩かなくて済む、ので好都合ですね♪


Hd01 と、言ってもご覧の様にダートを20km以上走らなければ行けないのですが...


Hd02 一応、準備としてプリロードアジャスター(て、言うの?)を一番ソフトにして、空気圧も1.8キロ位にしてみました。


Hd05 ダートといっても、ほとんどが良く締まったダートです。

 途中深めの砂利の所がありますが、大きくハンドルを取られる様なことはありませんでした。


Hd06 目の前が函岳で稜線やや右側に見える(かどうかわかりませんが)白い建物が山頂にあるレーダー施設です。

 ここまできたら後少し!


Hdt07 やっとここまでたどり着きましたぁ〜。

 後は、レーダー施設を回り込む様に歩くこと数百メートル,,,,


Hdt04 本当の山頂に到着です。

 利尻島も見られるって話ですが、モヤがかかっていて残念ながら見られませんでした。


Hdt05 テッパンのケルン(笑)

 しばらくこの眺めに見とれていたんでが、ふと“ヒグマ”の事が頭をよぎり、大きめの鼻歌を歌いながら退散(^-^;

 軽く鳥肌立ってましたね、我ながら、見事なヘタレ具合...。

 だって、誰もいないし、ちょー静かだったんだもん。


Hdt08 山頂からみたヒュッテと駐車場。

 誰もいないでしょ?

 イザとなれば小屋に逃げ込めば良いんだけど、今、ここでヒグマに出合ったら、間違いなく絶命っていう...。


 ここから、今日のキャンプ地に戻る訳ですが、帰路は当然下り坂。

 下りの砂利道、恐いっす。

 しかも対向車(クルマ&バイク)が結構な勢いでくるし。

 車同士だとすれ違えないと思います。実際、待避場が所々ありましたからね。

 行かれる方は本当に気をつけて下さい。


Bfc04 で、今日の野営地。

 美深アイランドキャンプ場です。

 函岳から1時間くらいかな。

 実際は、先にキャンプ場に寄って、荷物を全部降ろしてから函岳に向かいました。


Bfc01 テントに横付け可能です。

 て、言うか、むしろ道路上は駐車禁止です。

 サイトは土なので、スタンドの下に敷く“板”を持参した方が良いですね。

 大人気のキャンプ場なのでシーズン中は激込みの様ですが、今回は平日だったのでガラガラでしたね。

 温泉も目の前にあります!


Bfc02 テント内からバイクを望む。

 天気も良いし、快適なキャンプが出来そうです。


Bfc05 ちょいと場内の散歩。

 カヌーの発着場もあるんですね。


Bfc07 水辺のキャンプ場、気持良いですね。

 本当に素晴らしいキャンプ場だ♡


Bfc03 夜は焼き肉&ホットワイン。

 温泉と合わせて、身体が暖まっていい感じで酔います、酔います(* ̄ー ̄*)

 朝方もそれ程冷え込まなくて良かったです。


Bfc09 翌朝、キャンプ場をバックに。

 さて、帰るかぁ〜


Dscn0756 帰りに何気なく通った道々61号線の上紋峠。

 初めて走りましたが、通行量少なくてとても良い道路です。

 適度なワインディングですし。


 いや〜、本当に楽しかった。

 走行距離は2日間で800km以上になりました。

 机上では600km程度だったんだけど、この誤差はナンなんだ?

2016年9月10日 (土)

キャンプツーリング(尾岱沼)

 久し振りの仲間とのキャンプツーリングに行ってきました。


Img_0172 ここは、尾岱沼ふれあいキャンプ場です。

 平日とあってさすがに見た通りの状態です♪

 右の東屋はバーベキューハウス(?) 焼き台があって、雨でも快適にBBQができます。

 近くの漁港には小規模ながら直売所があって、北海シマエビやカレイなど販売してました。とても美味しかったです。鮭かまは500円で結構な量があっておすすめです!


 翌日は今にも降り出しそうな空模様で、寄り道無しで直帰しました(^-^;

 でも、食べ物はおいしかったし、久し振りのグループツーリングを堪能できました。

2016年8月14日 (日)

ミラ、夏タイヤ組み替え

 記事が前後しますが、通勤や日常の足代わりに使っているミラのタイヤを組み替え時の記事です。

Dscn0711 気が付いたらこんな状態になってました(-_-;)


Dscn0722 価格最優先で選んだらブリジストンの「Nextry」っていう、あまり聞いたことのないタイヤにたどり着きました。

 性能的にドライはA、ウェットだとCって、これ大丈夫か? 雨天時は相当滑るんだろうか?

 アマゾンで4本セット、なんと!9,879 円でしたw(゚o゚)w。バイクの1本分より安いよ...。


Dscn0714 毎度おなじみの自作ビードブレーカー、ちょっとヒビが入っててそろそろ寿命かな?

 

 今日は何とか持ちこたえてくれました。


Dscn0715 今回もタイヤレバーを駆使して組み替えしますが、ちょー楽勝だったわ〜♪

 ただ気温が高かったのでさすがに4本やったらばてましたけど_| ̄|○


Dscn0723 取り外しの仕上げはこんな感じにタイヤレバーをセットして、


Dscn0724 ムニッとレバーを手前に返せば、タイヤがホイールから剥けてきます。

 ゴムハンマーでたたくことも無く、このまま下に押し付けたら、ポロンと外れてくれました。


Dscn0717 で、次は新しいタイヤを組み込んでいくよ〜。


Dscn0720 今日はタイラップでタイヤを潰す様に締め上げて、組み込んでみます。

 1本目は3カ所(半周程度)を結束してみましたが、1カ所でも全然大丈夫でしたw こりゃ良いわい!

 結束無しでもやってみましたが、やっぱり1カ所でもあった方が断然楽でした。


Dscn0721 で、最後エアーを充填してビードを上げる訳ですが、ここでちょっと苦戦。エアーが漏れ漏れっていう,,,。

 ここまでの作業が楽々だったので、一瞬、サイズ間違えたのかと思いましたよ。

 結局、タイヤを弾ませたり叩いたりしながら何とかエアーが入って、パン!パン! 一件落着♪


 早速試運転♡

 なんだこの腰の無さは...。フニャフニャでまるでスタッドレスみたい。かなりサイドウォールが柔らかいのだろうか?

 

 ま、安かったし、一応天下のBSだし、無理な運転しないし、大丈夫でしょ。

2016年8月11日 (木)

仕事終わりからのキャンプツーリング(オンネトーキャンプ場)

 今月は連休が無くて、苦肉の策で仕事終わってからキャンプに行くっていうことやってみました。

 目的地は会社から100km弱の「オンネトー野営場」

 日が長いとはいえ、途中で食材を買ったりガソリン入れたりしてたら、オンネトーに到着した時は薄暗くなってしまった。

 ま、それでも何とか設営して、酒の肴の調理に取りかかりま〜す♡


Dscn0688 今日は、アヒュージョに挑戦!

 て、食材もそれぞれ最少量の包装の物を買ったんだけど、結局山盛りになってしまいました(-_-;)

 これで、大丈夫なんだろうか?

 でも、後には引けないので、無理矢理蓋で圧縮してしばらく煮込みます。


Dscn0692 煮込むと容量も減って、何とか普通の量になりました。

 で、見た目・・・な感じですが、結構美味しかったです!

 本当だよ!


Dscn0696 火をいじりながら、お酒をちびりちびり。

 ひたすら何も考えず、火を眺めているだけ。当然、

 ベンチの上で寝落ちしました...。

 寒さで目覚めて、イソイソとシュラフの中へ(´△`)Zzzz・・・。o○


Dscn0698 暗闇で設営すると、翌朝全くイメージが違うって事あるんだけど(最悪、駐車場だったとか、通路上だったとか)、今日は概ねイメージ通りでだれにも迷惑かけてなさそう。空いていたし。

 ここの野営場は湖の近くにはスペースが無くてテントは張れません。

 でも、木々の間から湖は望めるし、森と湖のテントサイトは魅力的ですね、


Dscn0707 オンネトー、風もなくて、とても奇麗でした。


Dscn0710 テントサイトからの空の眺めはこんな感じ。

 今日もいい天気だ。


Img_0160 と、言うことで、短い時間でしたが、キャンプを楽しんできました。

 さ、帰ってミラのタイヤ交換しなくちゃ。

2016年8月 6日 (土)

日帰りツーリング(知床峠)

 ピボットのベアリングとリアタイヤを交換したことだし、思う存分走ってきました。

 目指すは知床峠です!


Img_1 今日は羅臼側から登ってみようと思いますが、ちょっと“羅臼国後展望塔”に寄り道。

 煙と何とかは高い所が好きなんです♪

 一見、「しょぼ!」な、感じですが、


Img_2 眺めは良かったです。

 空いてて静かだし、ゆっくり休憩かねて眺めてました。

 羅臼の町並みと漁港。遥か彼方に国後島を望みます。


Img_3 さ、さ、久し振りの知床峠です。

 天気もド快晴だし、気分が盛り上がりますな。


Img_4 峠までの道中も凄い景色の良いポイントがいくつもあります。

 脇見運転に注意です。


Img_6 で、お約束の構図...

 写真撮るのも並んでました。行った人ならわかるハズ(笑)

Img_5 愛車と一緒に撮りたい場合は駐車場・ウトロ側の出入口近くでね。


 知床峠っていつ行っても、霧の中で寒いってイメージだったんですけど、今日は最高でした!

 帯広からだと往復で600km強、ギリ日帰り圏内かな。楽しかった♡

2016年8月 1日 (月)

ベアリングとRタイヤ交換

 去年からファイナルギアボックスのピボットベアリングからギシギシ音がしてたんですが、やっと今日交換をしました。

04

 ここのベアリングですね。何年か前にも交換してます。

 アレから5年、5万kmチョットで逝きました。


05

 反対側はロックナット付き。

 両方ともロックタイトでガッチリしまってっから、今回はバーナーで炙ってから取り外しました。

 以外とすんなり緩みました。


06

 取り外したスタッドボルト、がびがびじゃ〜(-_-;)


07

 インナーレースはボルトと一緒に外れてしまったので、ニードルベアリングが見えますね。


08

 新しいベアリングのメス側を叩き入れた図。

 ベアリグは数日前から冷凍庫に入れといて、ファイナルギアボックスはバーナーで熱してからやったら、スムーズに行きました。

 迅速に作業する必要があったので撮影は出来ませんでした。

 あ、これは純正部品じゃなくて昨年Motorworksさんで買ったヤツです


09

 こいつの優れている所は、こんなグリスアップ用のニップルがついていること。

 好きなだけグリス投入出来ますね。


10

 普段、走行する時にはニップルを取り外し、このボルトで蓋をしておくらしい。


11

 後はファイナルギアボックスを元通り取り付けるんだけど、ここ、結構苦労するポイントだったりするわけで、

 自分はウエスでドライブシャフトを少し持ち上げておきます。

 そうすることで、ユニバーサルジョイントがスムーズに納まります。

 後はウエスの端っこを引っ張って取り除きます。


01

 あと、今日はタイヤ外したついでにタイヤの組み替えもしました。

 タイヤは今までと一緒、ミシュランのアナキー3です。

 22,000kmもちました。今までのなかで最もロングライフです。

 価格も他のPL3や4と比べると安価でした。


02

 タイヤの回転方向だけは間違えない様に、何度も何度も何度も確認しました(笑)


03  今日は、タイヤを組み込む時に半周をタイラップで結束してタイヤを潰してみました。

 これ、結構良いかも知れない!

 最後の20cmくらいっていつも苦労しますが、今日はサクッといきましたね。


12

 それと、ついでにリアブレーキキャリパーとパッドのクリーニングもやって、本日の作業はおしまい!


 早速試走したい所でしたが、雨が降り出してしまいました...。

2016年5月 2日 (月)

ヘルメット新調したでぇ〜♪

 いや〜半年振りのブログ更新です。

 先月から、ボチボチバイクには乗っていたのですが、なんせ今年の春は寒い!

Img_0111 しかも、つい先日は雪ふるしぃ!

 まあ、春の雪なのですぐに融けるのですが、朝夕は結構な冷え込みなので通勤時間帯は凍結の危険性があって、まだまだ油断なりません。



 で、冬の間は色んな意味で思い切った買い物を,,,。


Img_0112

 

 ?? 

 



Img_0114

 

 !? 

 



Dscn0657

 

 !! 



Dscn0639 もったいぶってすんません。

 Caberg Drift Carbonでございます♡

 この春?発売の新製品の様です。

 Driftシリーズは以前からあった様ですが、この度カーボンモデルが新たに加わったってことらしいです。



Dscn0640 残念ながら、フリップアップではありません。



Dscn0643 まぬけっぽく撮影している姿が映り込んでいますが気にしないで下さい(^-^;

 今、流行のサンシェードがついています。



Dscn0644 「Full Carbon」で〜す♪



Dscn0646 さすがカーボン、1,290gしかありません。持った感じ、明らかに軽いのがわかります。

 今回、これを選んだ理由は絶対的に軽いことと、サンシェードがあることでした。フリップアップも気になりますが、軽量であることを優先しました。

 当然怪しいメーカーのものは嫌だったのですが、Cabergはイタリアの専門メーカーで創業は1975年、ラインアップも豊富だし、もちろんヨーロッパの規格ECE 22.05はパスしています。と、大した根拠では無いけど大丈夫でしょうって事でポチした次第です。



Dscn0647 今までの「BMW スポーツヘルメット」(左)との比較です。

 BMWの方はサイズが58/59、一方Cabergの方は59/60とやや大きめではありますが、外貌はそれ以上に大きいですね。重量は公称ですが、BMWが1,375g、Cabergが100g程軽量です。

 かぶり心地ですが、BMWは横に狭く、おでこと後頭部は若干余裕がある感じ。一方Cabergは頭部全周に渡って良い感じでフィットします。サイズ感としては、ワンサイズ小さいくてもいけたかも、って感じです。今はジャストサイズですが、内装がヘタってきたらちょっと緩くなると思います。自分、メガネを着用しますが、メガネのツルはすっと耳にかかるし、問題ありませんね。この辺はBMWより良いかも。



Dscn0649 前からみても大きいのがわかりますね。

 ただどちらも、フリップアップのヘルメットよりはスマートなのかなと。



Dscn0650 特に前後長がありますね。

 後頭部が出っ張っているのかな?



Dscn0651 軽量化やコストを追求した結果なのか、オーソドックスなダブルD型のあごひも。



Dscn0652 お世辞にも高級感のある内装ではありません。

 ホームセンターで売っている安物のヘルメットの内装に近い様な気がしてなりません...。

 きっと、気のせいです(^-^;



Dscn0653 口元の内張り?は何もありません。

 写真では暗くて良くわからないかもしれませんが、インカムのマイクがセット出来る様に成形してあります。

 中心より左側の所です。



Dscn0655 あと、ちょっとした便利?な装備があって、

 写真中央のレバーをですね、



Dscn0656 こう、起こすと言うか回すと、シールドが前方に平行移動します。曇りをスムーズに解消するための機能らしいです。もっとも、ピンロックのWシールドが付属しているので、あまり活用する機会は無いのかなと思っています。あるいは、ピンロックを装着せずに済むならそれにこしたことは無いですね。

 ま、色々試してみます。

 つーか、閉鎖の状態でもシールドの下端にコピー用紙1枚分の隙間があるのどうにかして欲しいわ〜。



Img_0113 そうそう、価格ですが、

 ちょうど10%OFFのセールをやっていたので、この価格でゲットできました。カードの利用額は送料含めて日本円で33,679円でした。関税が1,500円かかりましたけど、それでも、カーボンヘルメットがこの価格って、十分に安いと思います。逆に大丈夫なのかって心配が無い訳ではない...。



 あ、FC-MOTOっていうドイツのショップから買いました。

 ネットの評判では酷評も見受けられますが、今回は、1月の注文の時点で入荷が4月ってわかっていたし、1週間毎に、「we want to inform you, that your order is still in process.〜」ってメールがきて、放置状態ではなかったので安心して待つことが出来ました。また、課金も発送してからでした。もっともこの数ヶ月の間に為替レートが大きく円安に触れたら大泣きしますが。

 ただひとつ、残念なことが。梱包が,,,。緩衝材のひとつも入ってませんわ。製品のダンボールを、一回り大きいダンボールに入れて、それだけって...。orz

 大きな衝撃が加わっていないと信じてます(;;;´Д`)ゝ

 総じて製品としての出来はBMWとかシューベルトとかと比べるとちょっと見劣りします。突っ込み所もいくつかありますし。クォリティーを求めるならやめた方がいいです。当然、日本国内の規格は取得してませんので、自己責任のもとで使用することになります。

 最後に、先日、今まで使っていたスポーツヘルメットが自主回収(リコール)の扱いになっていたという,,,。なんでも、BMWの他のヘルメットと交換か5万円相当の製品と交換になるとか。ま、今度ディーラーに行って詳細を聞いてみようと思います。

2015年10月28日 (水)

123456km♪

Img_0057 10/18の通勤途中、ちっちゃな、ちっちゃな幸せw

2015年10月27日 (火)

ミラ・オイル、エアーフィルター交換、プラグクリーニング

 エンジンオイル交換、エアーフィルター交換、プラグのクリーニングなんかしてみました。


Dscn0624 これドレインボルトのガスケットなんだけど、変形がだんだんひどくなってきた。左が使用前。

 締め付けはトルクレンチを使ってますのでオーバートルクって事はないと信じています。


Dscn0625 ボルトとの関係はこんな感じ。

 ギリギリボルトの座面をカバーしてますが、もうチョット広がったら漏れ漏れだったでしょうね。

 前回4月の交換の時も変形していたのですが、別のガスケットを用意していなかったので、仕方なく同じものを使った次第です。


Dscn0630 こちらがダメダメのガスケットです。あと4枚くらいあるのですが、廃棄(;ω;)


Dscn0626 今回用意したガスケットはこちら。

 モノタロウさんで買った、大野ゴム工業製になります。

 評判が良かったので選んでみました。

 ドレインボルトを締め付け後確認しましたが、ガスケットの変形もありませんでした。

 一安心。


 後は、いつものモノタロウオイル15w-30を投入。


Dscn0627 続いてエアーフィルターの交換。

 これもモノタロウさんで買いました。格安で助かります♡


Dscn0629 プラグの状態。

 こんなもんですかね。


Dscn0628 金ブラシで磨いてクリーニングしときました。


 これから冬期間は活躍してもらいますので、ちょっと手をかけてみました。

 モノタロウ率高くなってきた...。

2015年10月23日 (金)

メンテナンス・ギター

Dscn0631 メンテナンスと言っても今日はこのギター。

 30年以上も前に買ったK.YairのDY-28というモデルです。

 手に入れてか一回もメンテナンスらしい事していなかったのですが、最近12フレットあたりの弦高がやけに高いことに気がついて...。

 先日メーカーに各種調整をお願いしたのですよ。


Dscn0597 そしたら、1週間程してこんなに奇麗な箱に梱包されて戻ってきましたΣ( ̄ロ ̄lll)

 下の方に『高級楽器在中』って書いてありますね。

 恐縮です(^-^;


Dscn0601 しかも、ピックやらステッカーやらおまけまで頂いちゃいました。

 肝心の調整後ですが、とても弾きやすくなりました。音も良くなった様な気がします。

 しかも、調整そのものは2,000円でした。

 往復の送料で5,000円程かかりましたが...。

«日帰りツーリング・摩周弟子屈方面