BMW R850Roadster

2016年9月24日 (土)

キャンプツーリング(函岳)

 前々から一度は行きたいと思っていた、念願の“函岳”に行ってきました。

 山頂までクルマやバイクで行ける=歩かなくて済む、ので好都合ですね♪


Hd01 と、言ってもご覧の様にダートを20km以上走らなければ行けないのですが...


Hd02 一応、準備としてプリロードアジャスター(て、言うの?)を一番ソフトにして、空気圧も1.8キロ位にしてみました。


Hd05 ダートといっても、ほとんどが良く締まったダートです。

 途中深めの砂利の所がありますが、大きくハンドルを取られる様なことはありませんでした。


Hd06 目の前が函岳で稜線やや右側に見える(かどうかわかりませんが)白い建物が山頂にあるレーダー施設です。

 ここまできたら後少し!


Hdt07 やっとここまでたどり着きましたぁ〜。

 後は、レーダー施設を回り込む様に歩くこと数百メートル,,,,


Hdt04 本当の山頂に到着です。

 利尻島も見られるって話ですが、モヤがかかっていて残念ながら見られませんでした。


Hdt05 テッパンのケルン(笑)

 しばらくこの眺めに見とれていたんでが、ふと“ヒグマ”の事が頭をよぎり、大きめの鼻歌を歌いながら退散(^-^;

 軽く鳥肌立ってましたね、我ながら、見事なヘタレ具合...。

 だって、誰もいないし、ちょー静かだったんだもん。


Hdt08 山頂からみたヒュッテと駐車場。

 誰もいないでしょ?

 イザとなれば小屋に逃げ込めば良いんだけど、今、ここでヒグマに出合ったら、間違いなく絶命っていう...。


 ここから、今日のキャンプ地に戻る訳ですが、帰路は当然下り坂。

 下りの砂利道、恐いっす。

 しかも対向車(クルマ&バイク)が結構な勢いでくるし。

 車同士だとすれ違えないと思います。実際、待避場が所々ありましたからね。

 行かれる方は本当に気をつけて下さい。


Bfc04 で、今日の野営地。

 美深アイランドキャンプ場です。

 函岳から1時間くらいかな。

 実際は、先にキャンプ場に寄って、荷物を全部降ろしてから函岳に向かいました。


Bfc01 テントに横付け可能です。

 て、言うか、むしろ道路上は駐車禁止です。

 サイトは土なので、スタンドの下に敷く“板”を持参した方が良いですね。

 大人気のキャンプ場なのでシーズン中は激込みの様ですが、今回は平日だったのでガラガラでしたね。

 温泉も目の前にあります!


Bfc02 テント内からバイクを望む。

 天気も良いし、快適なキャンプが出来そうです。


Bfc05 ちょいと場内の散歩。

 カヌーの発着場もあるんですね。


Bfc07 水辺のキャンプ場、気持良いですね。

 本当に素晴らしいキャンプ場だ♡


Bfc03 夜は焼き肉&ホットワイン。

 温泉と合わせて、身体が暖まっていい感じで酔います、酔います(* ̄ー ̄*)

 朝方もそれ程冷え込まなくて良かったです。


Bfc09 翌朝、キャンプ場をバックに。

 さて、帰るかぁ〜


Dscn0756 帰りに何気なく通った道々61号線の上紋峠。

 初めて走りましたが、通行量少なくてとても良い道路です。

 適度なワインディングですし。


 いや〜、本当に楽しかった。

 走行距離は2日間で800km以上になりました。

 机上では600km程度だったんだけど、この誤差はナンなんだ?

2016年8月11日 (木)

仕事終わりからのキャンプツーリング(オンネトーキャンプ場)

 今月は連休が無くて、苦肉の策で仕事終わってからキャンプに行くっていうことやってみました。

 目的地は会社から100km弱の「オンネトー野営場」

 日が長いとはいえ、途中で食材を買ったりガソリン入れたりしてたら、オンネトーに到着した時は薄暗くなってしまった。

 ま、それでも何とか設営して、酒の肴の調理に取りかかりま〜す♡


Dscn0688 今日は、アヒュージョに挑戦!

 て、食材もそれぞれ最少量の包装の物を買ったんだけど、結局山盛りになってしまいました(-_-;)

 これで、大丈夫なんだろうか?

 でも、後には引けないので、無理矢理蓋で圧縮してしばらく煮込みます。


Dscn0692 煮込むと容量も減って、何とか普通の量になりました。

 で、見た目・・・な感じですが、結構美味しかったです!

 本当だよ!


Dscn0696 火をいじりながら、お酒をちびりちびり。

 ひたすら何も考えず、火を眺めているだけ。当然、

 ベンチの上で寝落ちしました...。

 寒さで目覚めて、イソイソとシュラフの中へ(´△`)Zzzz・・・。o○


Dscn0698 暗闇で設営すると、翌朝全くイメージが違うって事あるんだけど(最悪、駐車場だったとか、通路上だったとか)、今日は概ねイメージ通りでだれにも迷惑かけてなさそう。空いていたし。

 ここの野営場は湖の近くにはスペースが無くてテントは張れません。

 でも、木々の間から湖は望めるし、森と湖のテントサイトは魅力的ですね、


Dscn0707 オンネトー、風もなくて、とても奇麗でした。


Dscn0710 テントサイトからの空の眺めはこんな感じ。

 今日もいい天気だ。


Img_0160 と、言うことで、短い時間でしたが、キャンプを楽しんできました。

 さ、帰ってミラのタイヤ交換しなくちゃ。

2016年8月 1日 (月)

ベアリングとRタイヤ交換

 去年からファイナルギアボックスのピボットベアリングからギシギシ音がしてたんですが、やっと今日交換をしました。

04

 ここのベアリングですね。何年か前にも交換してます。

 アレから5年、5万kmチョットで逝きました。


05

 反対側はロックナット付き。

 両方ともロックタイトでガッチリしまってっから、今回はバーナーで炙ってから取り外しました。

 以外とすんなり緩みました。


06

 取り外したスタッドボルト、がびがびじゃ〜(-_-;)


07

 インナーレースはボルトと一緒に外れてしまったので、ニードルベアリングが見えますね。


08

 新しいベアリングのメス側を叩き入れた図。

 ベアリグは数日前から冷凍庫に入れといて、ファイナルギアボックスはバーナーで熱してからやったら、スムーズに行きました。

 迅速に作業する必要があったので撮影は出来ませんでした。

 あ、これは純正部品じゃなくて昨年Motorworksさんで買ったヤツです


09

 こいつの優れている所は、こんなグリスアップ用のニップルがついていること。

 好きなだけグリス投入出来ますね。


10

 普段、走行する時にはニップルを取り外し、このボルトで蓋をしておくらしい。


11

 後はファイナルギアボックスを元通り取り付けるんだけど、ここ、結構苦労するポイントだったりするわけで、

 自分はウエスでドライブシャフトを少し持ち上げておきます。

 そうすることで、ユニバーサルジョイントがスムーズに納まります。

 後はウエスの端っこを引っ張って取り除きます。


01

 あと、今日はタイヤ外したついでにタイヤの組み替えもしました。

 タイヤは今までと一緒、ミシュランのアナキー3です。

 22,000kmもちました。今までのなかで最もロングライフです。

 価格も他のPL3や4と比べると安価でした。


02

 タイヤの回転方向だけは間違えない様に、何度も何度も何度も確認しました(笑)


03  今日は、タイヤを組み込む時に半周をタイラップで結束してタイヤを潰してみました。

 これ、結構良いかも知れない!

 最後の20cmくらいっていつも苦労しますが、今日はサクッといきましたね。


12

 それと、ついでにリアブレーキキャリパーとパッドのクリーニングもやって、本日の作業はおしまい!


 早速試走したい所でしたが、雨が降り出してしまいました...。

2015年10月28日 (水)

123456km♪

Img_0057 10/18の通勤途中、ちっちゃな、ちっちゃな幸せw

2015年8月28日 (金)

久々のキャンプツーリングin屈斜路湖

 

Dscn0513 タイトルの通り屈斜路湖方面に行ってきます!


 

そのまま一直線でキャンプ場はあまりにも面白みが無いので、


Dscn0531 美幌峠によって、


Dscn0536 硫黄山の横をスルーして、


 

 川湯温泉駅のオーチャードグラスで昼食。

 ここではビーフシチューしか食べた事無いので、今回はハヤシライスを食べてみました(^-^;

 似た様な味って言えばそうなんですが,,,。

 ハヤシライスも大変美味しゅうございました。

 食後は弟子屈のスーパーで夜と翌朝の食材を買って、和琴半島湖畔キャンプ場に向かいます。


Dscn0542 弟子屈市街地から20km弱、時間にして20分程度、本日のキャンプ地です。


Dscn0543 受付はこちらの管理棟兼売店で、大人1人450円也。

 売店は最低限の物しか販売していないので、やっぱり弟子屈で買っておく事をおすすめします。


Dscn0544 周辺のキャンプ場はガラガラだったのに、ここは条件が良いのか、キャンパーが沢山いました。

 しかもバイク率高いです!

 ゴミも捨てられて、無料の温泉もあって、バイクは場内進入OKで、眺めも良しときたら納得ですね。


Dscn0545 沢山と言っても、ハイシーズンは過ぎているので、スペースが無いと言う訳はなく、無事に設営出来ました。

 隣には10人くらいのパーティーがいたのですが、基本みんなソロで、年に1回ここに集うそうです。

 大騒ぎするのかと思いきや、焚火を囲んで常識的に楽しそうに歓談されてました。


Dscn0546 朝、ボーッとまどろんでいると、お隣のパーティーのお一人が「取ったド〜!」の声。

 見てみると、ビックリ! 籠の中にはウチダザリガニが沢山!

 実は自分も昨日は捕獲しようと思って、湖の中をさまよったのですが、一尾もゲット出来なかったのです(;ω;)

 籠まで持って来て漁をするとは、なかなかの強者ですΣ( ̄ロ ̄lll)


Dscn0547 お裾分けを頂きました。ありがとうございました。

 泥臭いかなと思っていましたが、まんま蟹! 美味しかったです。


Dscn0548 ザリガニを食べて満腹になって、「ふー」とか言っていたら、なんと仮面ライダーの登場です。

 昨夜は人間の姿で宴会に参加していたのでしょうか?

 カメラを向けられポーズを決めていますヽ(´▽`)/


Dscn0550 自分もカメラを向けたら、わざわざ停まってくれてこのポーズW

 なんともサービス精神旺盛なライダーですね。楽しませてもらいました♪

 サイクロン号も最新じゃないですか?


 

 さて、名残惜しいですが撤収して帰路につきます。


Dscn0553 ちょっと津別峠に寄り道。

 多分標高は美幌峠より高いのではないかな? 眺めは最高です。

 ただ、道中、道幅が狭くタイトなコーナーが続くので要注意です。


Dscn0555 雌阿寒岳、雄阿寒岳も奇麗ですね。


Dscn0557 ツーリングの最後は、釧路市(と言ってもかなり郊外)のグリーンパーラーで、ミートソース&ハンバーグを頂きました。

 財布には優しくないですが、味・量ともに満足です。

2015年8月27日 (木)

R850R・エンジンオイル、フィルター交換

 

Dscn0512  もう2週間くらい前になりますが、エンジンオイルとオイルフィルター交換したんだった...。

 いつものPOLOのTURBO-XLD 15W-50てヤツです。

 ここ数年来、ずっとこのオイルです。前回でほぼ使い切ったのでまた買い足しました。

 エンジンはずっと快調なので、特に変更する必要もないかなと思って...。安いし。

 今回は添加剤とか入っていない素の状態のオイルとなります。

2015年8月 3日 (月)

R850R・車検

Canvas 2年一度の整備系のビッグイベントです。

 検査ラインに入る前の目視の検査では、ハンドル幅の計測、ハンドルロックの確認他、ウィンカーやハイビームのインジケーター類も確認されました。

 が、検査ラインでは特に問題も無く、非常にスムーズにパス出来ました。


 じゃ、また2年後ね〜♪

2015年6月21日 (日)

R850R・Fタイヤ交換、エンジンオイル交換、ブレーキキャリパー・パッドクリーニング

タイトルの通り、今日はメンテナンスがてんこ盛り。

Dscn0465 今回はアマゾンで買ってみました。

 マーケットプレイスの出品者ではなくて、アマゾンから販売・発送されました。

 いや〜、本当になんでも売ってますね。


Dscn0466 今更感満載の、ミシュランのパイロットロード2です。

 3や4もあるんだけど、価格面で2になりました。

 性能的にも自分の使用状況だと全く問題ないので、高価な3や4じゃなくても良いんだも〜ん...(;ω;)


Dscn0467 製造週チェ〜ック! ま、許容範囲、十分満足です。


Dscn0468 組み替えはいつもの様にDIY。

 よいしょ、よいしょ、っと...。


Dscn0469 リムに付着したゴムカスもすくレーパーとパーツクリーナーで奇麗にしていきます。


Dscn0470 ベアイング、もう10万キロ以上走っているのに、全くガタとがゴリゴリ感がないです。

 せっかくプーラーとか用意したのに、まだ出番がやってきません。


Dscn0472 ニュータイヤセット完了!

 回転方向OK!


Dscn0473 ここまでは踏んづけて何とか出来ました。

 ここからが一番のヤマ場ですかね。

 一生懸命の作業だったので以降写真なしです(^-^;


Dscn0474 お約束の新旧比較(○゚ε゚○)

 いつもの事ながらセンターしか使ってない...。

 新しいタイヤもそうなるんだろうな。

 直線用とかあったら良いのにな!?


Dscn0458 オイル交換も同時進行中です。

 エンジンオイルはいつものPOLO 15W50ですが、今日でオイルが無くなるハズなのでまた買わねば。

 今度のオイルはどうしようかな〜?


Dscn0462 続いてRキャリパーのクリーニング。

 Before


Dscn0463 After !


Dscn0464 パッドは交換しようか迷った末、続投!


Dscn0475 Fキャリパーも、Before


Dscn0477 After !


Dscn0476 パッドはクリーニングして、引き続き使います。


 これでしばらく安心して走れそうです。

 ふー、疲れたぁ。

2015年6月17日 (水)

キャンプツーリング(道南本面)

 今シーズン初のソロ・キャンプツーリングに行って来ました。

 日帰りだとあまり行くことのない道南方面に目的地を決めました。

 往路、帯広-千歳-支笏湖-洞爺湖-長万部-函館(北斗市)、もちろん全行程下道です(^-^;

0010  いきなりですが、天気イマイチの洞爺湖。

 支笏湖〜洞爺湖の間は寒かったぁ〜!

 秋春用の装備で良かった。


 洞爺湖からは噴火湾(太平洋側)へ抜けて、国道37号-5号をひたすら南へ走って、走って、走ります。


0011  で、こんな所に着きましたぁ。

 函館とその近郊で店舗を展開しているファーストフードの“ラッキーピエロ”です。

 そうそう来られる距離じゃないので、気合いを入れてやってきましたよ。

 そこまでしても食べたいのですよ。

 で、取りあえずここでハンバーグをテイクアウトして、一路キャンプ場へ向かいます。


001  北斗市のきじひき高原キャンプ場で〜す。

 大変見晴らしの良いテントサイトです。

 利用料は310円也。設備は古いですが、清掃も行き届いて気持よく利用出来ます。

 そして、みての通り独占状態。誰もいません。


003  もう最高です♪

 ただし、ここの場所は駐車場から数百メートルを歩かなければなりません。しかも登り...。

 苦労した者だけが、この開放感を得られるって訳です。


004  ちょっと霞んじゃってわかりにくいけど、北海道新幹線の路線も見えてます。

 大きくカーブしている所がそうですね。


002  タフな設営が終了したら、もう空腹で倒れそうです。

 朝も昼も食べないで走り通しだったので、ついつい3個もハンバーガーを買ってしまった。食えるのか...。

 一個一個も大きいし(^-^;

 

 でも、結局食べれちゃいましたね( ^ω^ )

 どれも美味しかった!


 005  そして、ここのキャンプ場を選んだ理由がこれです。

 いろんなところでキャンプしましたが、こんなに夜景が奇麗な所って初めてです。

 腕が悪いくて上手く撮影出来ないのですが、実際にはもっともっと輝いていました。


006  ちょい、引き気味のテントサイト風景。

 幻想的な感じでお気に入りの一枚です。

 夕方少し風が強くなったのですが、夜半には止んで本当に静かな夜を過ごせました。


007  一転翌朝になりました(^-^;

 昨日3個もハンバーガーを食べたのに、朝食もラッキーピエロで。

 店舗毎に若干メニューが違うらしいので、昨日と違う店舗で“土方歳三ホタテバーガー”を食べました。

 個人的には微妙〜な感じです(^-^; ホタテとパンてあんまり合わない様な...。

 人それぞれですけどね。


 さて、復路は北斗市-長万部-ニセコ-倶知安-朝里-札幌-夕張-帯広な感じです。


009  長万部からニセコへ向かう道。こんな感じの開放感のある道を走り続けると、


010  右手に羊蹄山。

 頂上付近に雲かかっちゃってちょっと残念。


011  左手はニセコの山々。

 手前の畑は多分、ジャガイモ畑。


012  倶知安からは国道393号で赤井川を経て小樽方面に向かいます。

 何気に良い道路ですね。

 途中にある山中牧場のソフトクリームはとても美味しいですよ。おすすめです。


013  そして〆は毛無山。

 残念ながら眺望ゼロ...。


 この後は、混雑しているであろう札幌市内をパスするのに、手稲-大谷地は高速道路を使いました。

 確か札幌市内は定額料金で、2輪は550円だったと思います。ここは払う価値あると思います。

 今回のキャンプは、設営場所へのアプローチを考えて極力荷物を減らした結果、調理もしなかったし、焚火も出来なかったけど、夜景と星空を堪能できました。

 これはこれで、ありかなと。

 さ、これでしばらく仕事頑張れそう!

2015年5月29日 (金)

R850R・クラッチ、ブレーキフルード交換

 先日強風の為延期したクラッチとRブレーキフルードの交換をしてみました。

 ついでにFブレーキのフルードがやや足りなかった様なので、ちょっと追加してみました。

 と、言うのも、今までは“リザーバータンクの水平”ってあまり気にしてなくて、Fブレーキのフルード交換ならハンドルを思いっきり左に切った状態で、クラッチフルードならその逆でやってました。

 水平にはほど遠い状態で、これだと適正なフルードの量になっていないんじゃないかと...。

 今更ですが、今日は水平にこだわってみました。

 リザーバータンクを水平にって一口に言っても、これ結構面倒くさくて、ハンドルの向きとリザーバータンクの取り付け角度を調整しなければいけません。


Dscn0381 で、スイッチボックスを取り外して、このボルトを緩めて、リザーバータンクの位置を調整して水平にします。

 後述しますが、スイッチボックスの取り外し、めんどくさいっす。


Dscn0382 で、目視ですが水平にした状態。因にハドルは目一杯左に切った位置から少し戻した位置です。足で固定してますが、ちょっと油断するとユラ〜っとハンドルが動いちゃうって(^-^;

 タンク内の階段状のサインが目安らしいです。

 ブレーキは高い方の上端、クラッチは低い方の上端に合わせる様です。

 これ、明らかに不足してますね(^-^;

 転倒したらすぐエアー噛んじゃいそうですね。


Dscn0383 フルードを補充しますが、さすがに上端まで入れるとダイヤフラムをセットした時、フルードがあふれちゃいそうだったので、このレベルでやめときました。

 この状態でもフルードの点検窓の上端まで満たされています。

 今日はこれで様子みることにします。

 蓋をしてフルードの追加はおしまい。


Dscn0385 で、リザーバータンク(ブレーキレバー)を元のポジションに戻すのですが、ハンドルに何やら合わせマークの様な“ポッチ”があるんですよ。

 このマークと何かを合わせるのでしょうかね?

 取りあえず、ボルト直上の“-”マークを合わせたくなったので合わせてみました(^-^;

 ブレーキレバーの位置も特に違和感無し。操作も問題無し。

 ハンドルのこの合わせマーク(?)気になるわ〜。


 

 

 次、クラッチの方いきま〜す♪


Dscn0387 固着してネジが緩みませ〜ん(;ω;)

 ショックドライバーの登場です。前回も同じ事した様な...。

 この後、蓋を外した途端、フルードがあふれてきて焦りました。

 クラッチ板が消耗するにつれフルードは逆に増えるそうです。


Dscn0388 と言う、ことでこちらも水平にして、下の方のレベルに合わせます。

 写真では少々不足してますが、撮影後フルードを足して指定の量を入れておきました。


Dscn0386 これ、スイッチボックスの下側にあるカバーなんだけど、4本のネジで固定されていて、4本とも違う種類のネジという...。

 しかも一番細いネジはミラーを外さないとアクセス出来ないし。

 スイッチボックスを外す時は避けて通れないのです。

 自分の場合、これが面倒臭さを倍増させています。


Dscn0393 あ、ライン内のクラッチフルードの排液は、こんな感じで。


Dscn0394 おなじみのドレインプラグ。

 これ、工具使わなくても指で開閉出来ました。


Dscn0395 リアブレーキのフルードの排液はこんな感じで( ^ω^ )


 以上、各フルードの交換作業でした。

 いや〜今日は暑かった。帯広、最高気温28度とか。

より以前の記事一覧